新たな美容業界に転職をした

拘束時間の長さや人間関係が原因

憧れの美容業界で働いたが精神的に辛くなる / 拘束時間の長さや人間関係が原因 / 美容業界では働きたいので新たな求人探し / 美容師としての腕を磨くために転職を繰り返しいつか自分の店を

そうなるとどうしても仕事をする時間が長くなってしまうので、プライベートな時間をほとんど取ることが出来ずに、仕事ばかりの日々になっていたのです。
束縛時間が長いというのは、精神面だけではなく体調面にも異常をきたすようになってきていたので、さすがにしんどかったのかもしれません。
他にも感じていたのは、目指す方向が違ったという所があります。
一緒に働く者同士は協力して働いていかなくてはなりませんが、それぞれが自分ばかりになってしまい、協力体制が整っていませんでした。
あまりにも協力をすることなく働いていたというだけならまだ我慢できたかもしれませんが、足の引っ張り合いのような感じになってきたときには、さすがに辛かったです。

仲間だと思っていた人達から裏切られたような気持ちになってしまったので、人間関係が上手くいかなかったのも原因の一つでした。
美容業界で頑張っていく為には、ライバルに負けたくないという気持ちはとても大事ですが、足を引っ張りあうのではなく切磋琢磨しながら一緒に頑張れる人がいる職場を見つけたいと思いました。
やめたいと思った主な理由はこの二つでしたので、この部分をクリアできるような求人を探すことにしました。
いろいろな求人を見てみると、勤務時間に関する部分が目に入りましたが、どこも残業はあるとなっている所が多かったです。