新たな美容業界に転職をした

憧れの美容業界で働いたが精神的に辛くなる

長年憧れを抱いていた美容業界で働けるとなった時には、嬉しくて仕方ありませんでした。
仕事に行くのが楽しみで仕方ありませんでしたし、生き生きと希望に満ち溢れていた毎日だった気がします。
しかし働いていくうちに転職を考えるようになったのは、働き始めてから数月が経った頃でした。
その頃になると、仕事の事を考えただけでも目まいがしたり、体調が悪くなるような状態になっていたので、よほど精神的に参っていたのだと思います。
あまりにも追い詰められた精神状態では、仕事がうまくいくはずもありませんし、辛いだけでしたので転職を考え始めたのですが、転職後の仕事は何を選ぶのがいいかを考えました。
美容業界から離れてみようかとも思いましたが、美容の仕事がいやになったわけではありませんので、やはり転職後も美容業界で働きたいと思いました。
そうなると転職後も同じようなことが起きてはいけませんので、同じことを繰り返さないような求人を探さなくてはなりません。
何が原因で辞めたいと思ったのかを明確にすることが、次の職場でうまく働けるかどうかにかかわってくるので、なぜなのかを考えてみることにしました。
まずやめたいと思った理由の一つが、あまりにも残業が多く、早朝出勤が多いという所でした。

憧れの美容業界で働いたが精神的に辛くなる / 拘束時間の長さや人間関係が原因 / 美容業界では働きたいので新たな求人探し / 美容師としての腕を磨くために転職を繰り返しいつか自分の店を